マイホーム計画を進めていく上で知っておきたいお金のこと

マイホームの計画を立てる場合にお金に関する事柄もさまざまでてくるでしょう。
その基本的な知識を持っておくことこそがスムーズで負担のない計画を進めていただくことにもなるのです。
そこで、今回は基本的な金銭的知識について触れていきたいと思います。
これらを考えながら満足できるマイホーム作りをしましょう。

頭金について

頭金とは、その名前の通りに購入金額の何割かをマイホーム購入をするために支払っていただくことを言います。
残った金額に関しては住宅ローンという形でのいわゆる「分割払い」という形になります。

頭金の相場ですが、すうひゃ萬前後となっているようですが、今では頭金が数十万・なしでもよいとしているところも多いので、生活状況に合わせて検討していくとよいでしょう。

税金について

マイホームを建てるという事に中心をあててしまって税金のことを忘れていた。などという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
マイホーム計画をし購入をしたという場合には、さまざまな支払い義務が発生するのです。

具体的に言うと、印紙税・登録免許税・不動産取得税さらには消費税などというものです。
これは立てる際の税金ですが、購入後には固定資産税などか「毎年」かかることとなります。
持ち続ける以上は税金もかかってきますので、こうした点につきましても認識をしておきましょう。

ローンについて

先に触れた頭金以外の部分の「ローン」です。

ローン契約はどことするのかという点です。
一般的には銀行系などの金融機関から受けるという方が大半でしょう。
とはいえ、審査がありますので「全員が必ずしも」というわけにはいきません。
担保となる資産があるのか・勤務形態や勤務先な勤続年数さらにはそのほか信用状況もローンに大きな影響を及ぼします。

マイホーム計画を立てる際にはこうした「ローンを受けられるか否か」も考えておきたいところです。

大切なお金の認識

今回は、マイホーム計画を進める際に大切になってくるお金のことについて考えていきました。
お金は大切な要素ともいえますので、改めてかかるお金そしてできればそれにまつわる制度などにつきましても知っておくと良いかと思います。